長峰と寄生虫

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

それに、埋入手術の際には周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてインプラントの埋入まで行けないこともあります。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、調べ、 相談してください。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはけっこう大事なメリットの一つです。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどにしっかりした構造になっています。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので埋入手術後はどの患者さんも違和感を生じるのが当たり前の反応です。

腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう我慢あるのみです。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。

しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような分割払いに申し込める歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

現金で費用を一括払いする必要なく、治療を始めることはできる状況になっています。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。

不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

全てのインプラント治療にとって大事なのがどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、たくさんの症例を治療してきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

食後の丁寧な歯みがきによる完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。

どんな堅牢なインプラントでも、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です