クスサンで杉原

浮気調査に対して探偵に払う費用は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。

実費には移動にかかる費用、証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることもあるみたいです。

また、時間給は調査員の人数×調査時間で、計算した費用です。

短時間で調査を完了すると支払いも安くすみます。

車の目立たない場所にGPS端末を取付して、常時、移動の内容を監視し続け、今いる場所をモニターしたり、データログを後から読み出し様々な分析をすることも可能です。

車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、普段、持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。

そうすれば、相手がどこに行ったのかやそこで過ごした時間もわかるでしょう。

探偵が使うという追跡グッズとは 自分でも買えるものかと言いますと、買うことは可能です。

追跡グッズは、一般にはGSP端末を使用することが多いです。

でも、これは誰でもインターネットなどで購入可能です。

車両に載せてあるGPS端末というのは、車の盗難時に備えてつけておくものなので、誰でも当然購入できます。

浮気調査の費用を節約する方法は、事前にある程度自分で調査しておきたいものです。

難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。

何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけで立派な調査なのです。

毎日、仕事に出る時間、帰ってきた時間、だれかと電話をしているようなら、着信時間と通話時間も記録するようにしましょう。

浮気調査を探偵事務所に成功報酬で依頼すれば損はしないと思いがちですがそうでない場合にも遭遇します。

条件が成功報酬であれば調査が成功しなかった時、料金支払いが不要となるのでシステムとして依頼者が得するという感じがします。

それ故に、特に成功報酬の制度を持っている探偵事務所に限定して、利用しようとしている人もいます。

しょっちゅう同じ電話番号から電話が掛かってきていたり取り合っているとなると浮気相手と連絡をとっているという見込みはとても高いと言えるでしょう。

そうしたらその電話番号の相手が誰かということを割り出せますね。

しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、電話で浮気相手と連絡を取りあった後には電話履歴を消していることも多々あり得ることです。

地図上の場所がわかる機械を用いて、良く通っている地域の情報を得て、良く見える場所で観察し続けると、必ず相手はやってくるはずなので、こちらに有利な証拠を掴めるでしょう。

費用のご準備が十分ではないときには、GPSの機械で所在を調べるのも、やってみて損はないと思われます。

GPS端末が付けられていることが知られてしまう恐れもあります。

不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいになる場合もあります。

離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、金額は低いです。

また、不倫相手の方が浮気を否定するケースでは証拠が必要になります。

どの人から見てもはっきりとした不倫の証拠が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です